Gcs - Toku's Blog
とあるエンジニアの備忘録

Gcs

GCPのバックエンドバケットを使用してブログの環境を構築してみた

はじめに ここ最近、GCPを集中的に学んでいて、バックエンドバケットという機能があるのを知り、 どうにかして活用してみたいな〜。 ということで、このブログをバックエンドバケットを使ってサイトを公開する環境を作ってみました。 構成 ブログの環境を構築するにあたって GCP Cloud Storage Cloud Load Balancing Cloud CDN Cloud DNS GitHub CircleCI のサービスを使用しています。以下、構成図です。 まぁ、パッと見はよくある構成ですね。 各サービスについて詳しく見ていきます。 Google Cloud Storage 今回の肝その1です。とはいっても バケットの作成 デフォルト権限でallUsersにRead権限の付与 ファイルのアップロード をするだけです。 コマンドではこんな感じでやってます。 gsutil mb gs://bucket-name/ gsutil defacl ch -u AllUsers:R gs://bucket-name gsutil -m rsync -d -r public/ gs://bucket-name/ Google Cloud Load Balancing 今回の肝その2です。 HTTP(S)負荷分散の設定を行い、バックエンドバケットで先ほど作成したバケットを指定します。 詳細設定で行くと グローバル転送ルール ターゲットプロキシ バックエンドバケット の設定をしています。 普段ではバックエンドサービスを指定してインスタンスグループにバランシングを行うと思いますが、 今回はバックエンドバケットを選択して静的なコンテンツをGCSから配信するように設定しています。